頭皮の乾燥は薄毛に関係してくるのか?

頭皮乾燥してませんか?

 

頭皮の乾燥は薄毛に関係してくるのか?

 

頭皮が乾燥していたり、強いかゆみやフケをともなうという場合には、はやめに皮膚科などのクリニックを訪れて、状態を診察してもらったほうがよいといえます。皮膚は新陳代謝を繰り返しているものですので、角質層がはがれ落ちてフケのような老廃物となることは多少はしかたのないことではありますが、もしも量が多すぎたり、かゆみがあったりということであれば、それは通常の新陳代謝の範囲を超えた、異常事態が起きている可能性があります。

 

頭皮のように常に脂分が溜まるような場所は、さまざまな真菌や細菌が繁殖しやすくなっている環境であるといえます。もしも頭皮の乾燥、かゆみ、フケ、あるいは頭皮が赤くただれているといった症状があれば、細菌や真菌が原因となって、脂漏性皮膚炎を起こしている場合も多いとみられます。脂漏性皮膚炎は一種の病気ですので、そのまま放置してしまっては、ますます細菌や真菌が増殖をして、頭皮の炎症がおさえきれなくなり、やがては抜け毛や薄毛の症状さえもあらわれてしまうようになるのです。

 

頭皮というのは髪の毛が生える場所であって、皮膚の毛細血管は髪の毛をつくる細胞さまざまな栄養素や酸素を血液を介して送り届けているという体のメカニズムを忘れてはいけません。そこで、実際に症状があらわれた場合には、抗真菌薬や消炎剤などを医師に処方してもらい、適切に使用するということが求められます。

 

また、洗髪をする場合であっても、刺激性の少ないシャンプーやリンスを使用するということも、またたいせつな頭皮への心配りであるといえます。病気ではないものの、頭皮が乾燥している状態というのであれば、過度なシャンプーによって逆に頭皮に必要な皮脂まで落としてしまっているという可能性もありますので、そうした意味においても、常に使用しているシャンプーやリンスの成分や、洗髪の回数が過剰になっていないかどうかなどをチェックしてみるのも重要なことのひとつです。

ホーム RSS購読 サイトマップ