知っておきたい!ジヒドロテストステロンと5αリダクターゼ

男性ホルモンが関与

 

知っておきたい!ジヒドロテストステロンと5αリダクターゼ

 

薄毛には様々な原因があると考えられていますが、近年増加している傾向のあるものとして、男性ホルモンが関与しているAGAがあります。男性ホルモンの1つの種類として、ステトステロンと呼ばれているものがありますが、これが還元酵素の5αリダクターゼと結びついたときに、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが生成されます。ジヒドロテストステロンはホルモンバランスを乱す原因となり、髪の毛のヘアサイクルが短くなる作用をもたらします。ジヒドロテストステロンが増えてしまうことで、ヘアサイクルが短くなると、髪の毛が抜けるのが早くなることや、太く育たない症状が現れてきます。

 

このような薄毛の原因が解明されていることから、プロペシアというAGA治療薬が開発されて、薄毛治療の分野で使用されています。プロペシアには5αリダクターゼの働きを抑制させる作用があることから、ジヒドロテストステロンが増えることを防ぐ効果があります。DHTが増えるのを抑制することができることで、薄毛治療につながる仕組みとなります。プロペシアの主成分であるフィナステリドは、前立腺がんや前立腺肥大症の治療薬として開発された医薬品でしたが、服用することによって発毛効果があることがわかったために、現在ではAGA治療薬として処方されています。日本でもプロペシアは認可されていますので、薄毛治療を行っているクリニックを受診すれば処方してもらうことが可能です。プロペシアはあくまでも、男性ホルモンによって引き起こされている薄毛にしか改善の効果が認められないために、女性の薄毛であったり、別の理由によって髪の毛が薄くなっているときには有効ではありません。

 

女性はAGA治療薬を服用することが禁止されていますし、男性が服用した場合であっても一定の割合でEDなどの症状が現れる可能性があると言われています。副作用を発症する確率は低いと考えられていますが、万が一体調が悪くなったときには医者に相談することがおすすめとなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ