紫外線はやはり髪・頭皮には害なのか?

紫外線は皮膚や目だけでなく髪の毛にも刺激を与えています。

 

紫外線はやはり髪・頭皮には害なのか?

 

髪の毛1本1本はキューティクルで保護されている、たった1ミクロンでも丈夫です。しかし紫外線は髪の毛を乾燥させて、キューティクルを剥がれやすくします。すると髪の毛はダメージに対して無防備な状態なので、ちょっとした刺激で抜け落ちて全体的に薄毛を招きます。頭皮も紫外線によって乾燥すれば、毛根付近に水分を確保することができなくなります。

 

皮脂は頭皮を守るのに必要ですが、紫外線に当たると酸化します。この過酸化物質は毛穴に炎症を引き起こすので、毛根付近でも抜けやすい状況になります。秋に抜け毛が増えるのは、夏場に強い紫外線に当たったためと考えられています。特に男性は女性よりも日焼けを嫌がらないので、対策の重要性を知らずに薄毛になるケースが多いです。

 

健康な頭皮は青白いものですが、日焼けをすると炎症でピンクや赤茶色っぽくなります。薄毛の人が帽子をかぶると、中で蒸れて余計に抜けやすくなります。日傘も男性が使うと周囲の目が気になります。そこで頭にも噴射できる日焼け止めスプレーを使います。高いUVカット率で、頭に噴射するだけという簡単な方法なので、外出前に数秒間で済みます。これらのほとんどがシャンプーをするだけで洗い流せるので、特別なケアをするのは外出する前だけです。紫外線は5月頃から強まるので、気温に関わらず日焼け止め対策を行います。

 

日中は汗をかくなどで焼け止め製品で全てのUVカットができるわけではないため、家に帰ったら正しいシャンプーとトリートメントで頭髪をいたわります。シャンプーは界面活性剤など刺激の強いものを使うと、炎症を悪化させることがあります。無添加のアミノ酸シャンプーを使いましょう。

 

トリートメントは毛先まで浸透させて、髪の毛の適度な油分と水分を与えます。毛穴から皮脂を除去すれば、過酸化物質になるのを防げるので、常に清潔な頭皮を心がけます。

ホーム RSS購読 サイトマップ