不規則な食事が薄毛を招いているケースもある?

食生活を整えよう!

 

不規則な食事が薄毛を招いているケースもある?

 

食事は体の正常な活動を維持するために欠かせないものですが、昨今は多忙やダイエットなど様々なことが原因で、著しく乱れた食生活を送っている方も少なくありません。

 

こうした乱れた食生活が健康に悪影響をもたらすのは当然ですが、実は毛髪の成長にも大きな影響があり、食生活の乱れが原因となり薄毛となってしまうこともあるのです。

 

なぜ食生活の乱れが薄毛を引き起こすのかというと、食生活が乱れているということは栄養不足であるということです。
基本的に人間の体というのは、生命維持に必要な器官へ順番に栄養を送るようになっています。

 

そのため、栄養不足だった場合、直接、生命に関わりのない毛髪にまでしっかりと栄養が行きわたらなくなってしまうのです。
毛髪に栄養が行きわたらなくなると、現在、生えている毛髪や頭皮環境が悪化して抜け毛が増えてしまいますし、新たな毛髪を生み出す力が減少してしまうため、どんどん量が減ってしまうこととなるのです。

 

特に毛髪の成長に必要な栄養素は必須アミノ酸といわれる成分です。
毛髪の大部分がこのアミノ酸が形成するケラチンというたんぱく質で構成されていますので、それが不足してしまうということは毛髪の材料がなくなってしまうということに他ならないのです。

 

ですので、薄毛予防のためには日頃から必須アミノ酸を摂取するように心掛けなければいけません。
しかし、必須アミノ酸は9種類から成り立っているため、どれか1つだけではなく全種類をバランスよくとることが重要となり、食事から全てを補おうとするのはなかなか難しい一面があります。

 

このような時には、特に食事から摂ることが難しいアミノ酸に関してはサプリで補うというのも一つの方法です。
もちろん、全てをサプリに頼るのではなく、出来るだけ食事から栄養を摂りながらという意識を持って今までの食生活を改めていくことは必須ですが、その上で不足してしまう栄養素をサプリで補うというのはおすすめといえます。

ホーム RSS購読 サイトマップ